« 鮟鱇汁とアンキモ | トップページ | 七草パスタ »

2008年1月 8日 (火)

アンコウのポアレ

1141

日本ではアンコウはゼラチン質やキモが好まれますが、スペインではそうでもないみたい。

夏にでもアンコウ君は市場にデンとしてました。

スペインの家庭料理には、ニンニク、たまねぎ、じゃがいも、サフランがよく使われます。前回のアンコウ汁の続きです。これは思いっきり淡白な部分のみでスペイン風に。

アンコウは縮むので大きめにカット。粉をつけて周りのみを焼いてとりだし野菜に火をいれましょう。

仕上げに、ソースに濃厚さを出すために鍋を早くかき混ぜましょう。油とソースが乳化します。これ、パスタのときも必要です。

カンパーニュを棒状にトーストしたものとソースをからめていただきます。

ほかの白身魚でも応用できますね。

人気blogランキングへBanner_04にほんブログ村 料理ブログへ

|

« 鮟鱇汁とアンキモ | トップページ | 七草パスタ »